Think Globally act locally

ABOUT蓮井建設・蓮井コンクリートについて

明日の社会づくりを目指して

時代は、平成から令和へと移り、建設業界もここ数年来、災害・環境保全の取り組みが重要視される様になって来ています。当社は昭和22年に高松で創業しそれ以来、公共土木事業を主軸に街づくりに貢献し地域とともに歩み、Think Globally act locally「環境を地球規模で考え、足元から行動を!」を基本コンセプトとして努めてきました。

  • 流動化処理工法
  • 建設汚泥中間処理
  • 再生コンクリート

CONSTRUCTION蓮井建設株式会社

流動化処理土/リサイクルシステム

蓮井建設は「香川県認定環境配慮モデル事業所」です。環境への負担の少ない循環型社会を形成していくためには、廃棄物等の発生抑需やリサイクルを推進するなど、環境への負荷を低減していくことが重要です。このため、香川県では、こうした環境配慮の観点から他の模範となるようなリサイクル製品や環境負荷の低減に取り組んでいる事業所を、「モデル」として認定し、そのPR等のバックアップを行うことにより、リサイクル製品の普及や事業者等の環境配慮行動の促進を図る「香川県環境配慮モデル認定制度」を平成15年度から実施しています。

ISO14001 ISO9001 JAB

CONCRETE蓮井コンクリート株式会社

先駆けた技術を求めて

四国で一番高い建築、高松港シンボルタワー建設にあたり、弊社はシリカフュームセメントを用いた80N/mm²の高強度コンクリートを使用するため、国土交通大臣認定を取得致しました。この高強度コンクリートは、”柱”としてシンボルタワービルを支えています。シンボルタワーは高松港のウォーターフロント開発の中核建築物で、サンポート地区の景観を形成しています。弊社の製品及び技術がこの建設に役立てたことは大きな誇りです。

高強度コンクリート国土交通省大臣認定取得・・・2016年10月
高流動コンクリート国土交通省大臣認定取得・・・2018年8月

ページトップ